参加と協力のご案内

社員と社資のご案内

つづける力を、ください。
みなさまからの資金協力があって、赤十字の活動を継続することができます。
みなさまからのよくある質問にお答えします
社資とは?
あなたの街から世界の各地まで人道的活動を展開する日本赤十字社。その活動に、国や県からの補助はなく、みなさまからご協力いただく活動資金のご寄付によって支えられています。

日本赤十字社の活動は、「社員(会員)」としてご加入いただいた皆さまからお寄せいただく「社費(会費)」と、広く一般の皆さまからお寄せいただく「寄付金」によって支えられています。また、この「社費」と「寄付金」を併せたものが「社資」、すなわち赤十字の活動資金となります。

赤十字の「社員(会員)」とは?
「社員」とは、日本赤十字社の職員という意味ではなく、赤十字を理解、支援してくださる会員や仲間のことです。
社員は年額500円以上ご協力いただくことで、誰でも加入することができ、法人単位でも加入いただけます。
なお、社員は赤十字活動にご参加いただくことを意義としており、社員限定サービスのような特典はございません。社員への加入、あるいは寄付金のご協力を通じた赤十字活動への参加を、奉仕活動のひとつとしてお考えいただければ幸いです。
社費 赤十字の活動に賛同する社員(会員)として社費(会費)を通じ人道的事業に参加するため、年額500円以上のご協力をいただく方法です。
寄付金 赤十字の活動に賛同するが、社員としてではなく一般的な寄付金として人道的事業にご協力いただく方法です。
表彰とは?
多額のご協力をいただいた場合は、表彰が受けられます。
日本赤十字社の表彰(対象期間:10年間)
表彰区分 社資額
特別社員章 一時または累計額が 20,000円
支部長感謝状 一時または累計額が 100,000円
銀色有功章 一時または累計額が 200,000円
金色有功章 個人 一時または累計額が 500,000円
法人・団体 一時または累計額が 500,000円
社長感謝状 金色有功章受章後一時または累計額が 500,000円
国の表彰
表彰区分 社資額
厚生労働大臣
感謝状
個人 100万以上〜500万円未満
法人・団体 300万円以上〜1,000万円未満
紺綬褒章 個人 500万円以上
法人・団体 1,000万円以上
税制上の優遇措置とは?
みなさまからご協力いただいた資金には、税制上の優遇措置があります。
個人
寄付区分 募集期間 関係根拠法令 措置の内容等
特定寄付金 通年 所得税法
第78条
第2項第3号
寄付金の全額(ただし、上限は寄付者の年間所得額の40%)から2千円を差し引いた金額が、寄付者の年間所得総額から控除されます。
相続税に
かかる寄付金
通年 租税特別措置法
第70条
相続により取得した財産の全部または一部を寄付した場合、寄付した相続財産の価額は、相続人の納めるべき相続税の課税価格に算入されません。
※相続人が相続税に関する申告書を税務署長に提出する際に日本赤十字社の発行した「贈与された財産に係る証明書」を添付する必要があります。
個人住民税に
かかる寄付金
通年
(予算の
範囲内)
地方税法施行令
第7条の17の3
総務大臣が指定した日本赤十字社の事業(※)に対する寄付金の全額(ただし、上限は寄付者の年間所得額の30%)から2千円を差し引いた額の10%が税額から控除されます。
(居住地の都道府県支部に寄付の場合のみ適用)

※災害救護設備の整備など6つの事業が指定されています。
ただし、支部の設定した事業計画(予算)の範囲が対象となります。

遺言や亡くなった方の意思を尊重して
遺言で 遺言書によりご自分の財産をご自分の意志でご協力いただけます。
相続財産で 相続された財産の中からご協力いただけます。
香典返しで 香典返しを送る代わりに赤十字の活動資金にご協力いただけます。
法人
寄付区分 募集期間 関係根拠法令 措置の内容等
指定寄付金 毎年4月1日から9月30日まで 法人税法
第37条
第3項第2号
財務大臣が指定した日本赤十字社の事業(※)に対する寄付金の全額を、寄付金の損金算入限度額にかかわらず、損金に算入することができます。
特定公益増進
法人に対する
寄付金
通年 法人税法
第37条
第4項
通常の寄付金の損金算入限度額とあわせて別枠で算出した特定公益増進法人に対する寄付金の損金算入限度額を損金に算入することができます。

※災害救護設備の整備など6つの事業が指定されています。
ただし、支部の設定した事業計画(予算)の範囲が対象となります。

活動資金へのご協力はこちら赤十字活動資金の募集に携わるボランティア
静岡県協賛委員会

協賛委員会は、社旨の普及、社員の増強を目的とした奉仕者組織です。
委員は、市区町の自治会または町内会の代表者、地域赤十字奉仕団の代表者、その他学識経験者から各地区・分区長の推薦により静岡県支部長が委嘱します。
赤十字思想の普及や赤十字社員及び社資募集などの活動を、地域で積極的に展開しています。

静岡県有功会
静岡県有功会

赤十字の有功章(社資による功労)を受章した方々が赤十字思想の普及とその事業の推進に寄与するとともに、会員相互の親睦を図ることを目的として結成した組織です。
現在、県内約600人の会員がそれぞれの立場で赤十字に支援を行なうとともに会員相互の親睦を図っており、女性会員で組織する女性クラブの活動もあります



今すぐ協力する