イベント一覧

日本赤十字社静岡県支部イベント>赤十字健康生活支援講習 指導員の誕生〜地域に根差した講習普及を目指して〜

イベント

イベント一覧

赤十字健康生活支援講習 指導員の誕生〜地域に根差した講習普及を目指して〜

令和2年3月5日

 赤十字健康生活支援講習は、高齢期を迎える前からの健康管理の他、高齢者の自立に向けた具体的な介護の方法、地域における高齢者の支援等を学べるものです。また、国が推進する地域包括ケアシステム(健康寿命を延ばし、病気や障がいがあっても、可能な限り住み慣れた地域で、その人らしい暮らしを続けることができるような地域の包括的な支援やサービス)に貢献できる内容となっています。

 令和元年度、静岡県支部において赤十字健康生活支援講習 指導員養成講習を開催し、新たに20名の指導員が誕生しました
。うち13名は、静岡県支部で初となる看護師資格を持たないボランティアです。今後、健康生活支援講習を地域において広く普及していくため、ボランティアの方も対象に指導員養成講習を開催しました。

中には、健康生活支援講習の他、静岡県支部で開催している救急法・水上安全法・幼児安全法の全ての指導員資格を取得したボランティアの方も4名誕生しました。
「地域において、高齢者を支える知識や技術の普及の必要性を感じた」との理由からこの養成講習に参加した人もいました。

 10日間の養成講習をおよそ1年かけて受講し、指導員となった方からは、「家族や地域での支援活動に誰もが踏み出せるよう、受講者と共に学んでいきたい」と意欲を新たにした声が聞かれました。
地域において、健康生活支援講習を広めていきます!

地域において、健康生活支援講習を広めていきます!


ご不明な点は、日本赤十字社 静岡県支部までお尋ね下さい。