イベント一覧

日本赤十字社静岡県支部イベント>「炊き出し」を通して「赤十字」を伝える!

イベント

イベント一覧

「炊き出し」を通して「赤十字」を伝える!

令和2年3月5日

 日本赤十字社静岡県支部は、2月17日、富士駿東地区商工会連絡協議会女性部会が主催する若手後継者等育成事業の一環として、包装食袋を使った炊き出しの講習を行いました。
 日ごろから、事業の発展や地域の活性化などを図るため、様々な活動を行っている同連絡協議会女性部会が、災害時に各地域で炊き出しの支援ができるようになるために開催されました。
 当日は、富士駿東地区の各商工会女性部から24名が参加。日赤清水町分区に整備した炊き出し器材を使って、ひじき御飯やチーズオムレツなど3品を作りました。今回初めて、包装食袋を使った炊き出しを体験した参加者からは、「材料を入れて煮るという簡単な調理で、主食からおかずまでできることに驚いた」「災害時に温かい食事をとれることは、きっと誰もが喜ぶことだと思う」などの感想が寄せられました。
 日本赤十字社静岡県支部では、「炊き出し」を温かい食事を提供するだけではなく、被災者に寄り添う救護活動として、地域赤十字奉仕団を中心に取り組んでいることや、炊き出し以外に日本赤十字社静岡県支部が取り組む活動を紹介。参加者に赤十字について知っていただく機会となりました。
 今後も炊き出しを通して、赤十字の活動を知っていただき、防災・減災の意識が地域に広まっていくことを期待しています。
包装食袋を使った炊き出しを体験する参加者

包装食袋を使った炊き出しを体験する参加者

大きな釜を使った炊き出しに、興味深々!

大きな釜を使った炊き出しに、興味深々!


ご不明な点は、日本赤十字社 静岡県支部までお尋ね下さい。