イベント一覧

日本赤十字社静岡県支部イベント>【青少年赤十字】高校協議会 7月定例会・・・炊き出し体験

イベント

イベント一覧

【青少年赤十字】高校協議会 7月定例会・・・炊き出し体験

平成29年7月28日

静岡県青少年赤十字高校協議会では、県内の青少年赤十字(JRC)加盟校の高校生メンバーが集まり、「健康・安全」「奉仕」「国際理解・親善」に沿ったテーマで学習を行っています。

 7月9日(日)、12校56人の高校生メンバーが参加し、7月定例会を行いました。

 今月は、支部職員の方と青年奉仕団の方にご協力いただき、包装食袋を使ったお米の炊き出しのやり方と、だし玉子の作り方を学びました。
 また、炊き出しをしている間の時間に熊本地震のときの動画を見ました。私たちと同じような年齢でもボランティアで手伝いをしている人もたくさんいると知りました。少しでも人の力になるように実行に移すということがとても大切な事だと思いました。


 最近は、揺れが大きい地震が増えてきています「まだ地震は来ない」と思うのではなく、常に“もし地震が起きたら”のことを考えなくてはならないと思います。静岡県も近いうちに大きな地震が来ると言われています。いつどこで地震が起こるかはわからないので今回の定例会はとても大切なものだと思いました。



*このページは、JRC高校協議会の高校生役員が書いた記事を掲載しています。
支部職員・青年奉仕団の皆さんにレクチャーをしていただきました

支部職員・青年奉仕団の皆さんにレクチャーをしていただきました

自分たちで、包装食袋を使って「白米」と「だし卵」を調理☆

自分たちで、包装食袋を使って「白米」と「だし卵」を調理☆

実際に災害時に使われている「かまど」と「鍋」を使って食材を煮ます

実際に災害時に使われている「かまど」と「鍋」を使って食材を煮ます

自分たちで作った非常食を試食♪

自分たちで作った非常食を試食♪


ご不明な点は、日本赤十字社 静岡県支部までお尋ね下さい。