イベント一覧

日本赤十字社静岡県支部イベント>災害が起きたとき、地域で炊き出しを担うリーダーを育成

イベント

イベント一覧

災害が起きたとき、地域で炊き出しを担うリーダーを育成

平成28年9月26日

〜赤十字炊き出しリーダー養成講習会を開催〜

日本赤十字社静岡県支部では、災害が起きた際に地域で活動できる奉仕団員がリーダーとなり、炊き出しを実践できるようにしていくため、炊き出しにかかる知識と技術を習得する講習会を8月23日と25日に支部を会場に実施しました。

2日間で、合計80名の地域赤十字奉仕団員が参加。
地元に帰って災害時の炊き出しや研修会を実施できるよう配備された炊き出し資器材の取り扱いや、包装食袋を使った調理の指導の仕方について学びました。

参加者は、災害で水が貴重となることを想定し、水以外のお茶や麦茶、牛乳、トマトジュースなどでも包装食袋を使って炊飯を実施しました。参加者からは、「トマトジュースは少し塩を入れたらもっと美味しいかもっ!」、「地元で行う研修会に取り入れてみよう」とさっそくリーダーとしての意欲が感じられる声がありました。

また、炊き出しの技術だけではなく、炊き出しを行う避難所で、被災された方々に寄り添う活動ができるよう災害時高齢者生活支援講習から災害が及ぼす影響とリラクゼーションの手法を体験しました。


ご不明な点は、日本赤十字社 静岡県支部までお尋ね下さい。