イベント一覧

日本赤十字社静岡県支部イベント>「アピタ×日赤 減災プロジェクト」始動

イベント

イベント一覧

「アピタ×日赤 減災プロジェクト」始動

平成26年9月2日

 静岡県支部は、9月4日(木)からユニー株式会社と協同で「アピタ×日赤 減災プロジェクト」を開始します。これは、みなさまに備蓄の必要性や方法をお伝えするプロジェクトです。

 以前、1人3日分といわれていた備蓄ですが、現在、国が推奨しているのは1人7日分です。東日本大震災のように、被災地域が広範囲にわたった場合など、発災直後は特に行政からの支援が行き届きません。また、避難所に行くから備蓄は必要ないと思っている方がいるかもしれませんが、避難所の収容能力を越える場合、すべての方を受け入れることができません。避難所トリアージと呼ばれ、住宅被害の大きい方、高齢者などを優先的に受け入れ、被災が比較的軽かった方は帰宅を促します。これらのことから、家庭での備蓄は大変重要になります。

 しかし、備蓄ってどうしたらいいのか、何を買ったらいいのかわからないという方が多いようです。そこで、ローリングストックという方法を紹介し、普段使う物を少し多めに買っておくことが備蓄になる。また、災害時には少し違った使い方ができる物もあり、そんな情報を静岡県と山梨県にあるアピタ店内で発信します。「いつもの暮らしに+1(プラスワン)減災」。お近くのアピタで減災を学び、備蓄しましょう。



お近くのアピタ店舗の検索はこちらから。
いつものくらしに+1減災

いつものくらしに+1減災


ご不明な点は、日本赤十字社 静岡県支部までお尋ね下さい。