イベント一覧

日本赤十字社静岡県支部イベント>JRC高校協議会2月定例会…開発途上国の子どもたちの現状について

イベント

イベント一覧

JRC高校協議会2月定例会…開発途上国の子どもたちの現状について

平成28年3月3日

 静岡県青少年赤十字高校協議会では、県内の青少年赤十字(JRC)加盟校の高校生メンバーが集まり、「健康・安全」「奉仕」「国際理解・親善」に沿ったテーマで学習を行っています。

 2月21日(日)は、10校26名のJRC高校生メンバーが参加し、世界の子どもたちの現状についての学習をしました。
 まず始めに、映画『世界の果ての通学路』を観ました。この映画は開発途上国などの子どもたちの通学路事情を記したものでした。野生動物から逃げながら登校する兄妹、山脈の山道を延々と歩く少女たちなど様々な物語がありました。その中には、片道18キロ、22キロを通っている子どもたちもいました。
 映画に出ていた子どもたちは、全員学校に行く意欲がとても高く、将来の夢もはっきりしていました。通学路がとても大変だったとしても学校を休むことはせずに、どうにかして学校に行こうとするのです。
 映画を観た後はそれぞれ班に分かれ、世界の通学路事情や自分たちとの違いなどについて話し合いました。「学校に行こうとする意欲がすごい」「自分たちには考えられない通学路」「自分たちより何倍も大変」などの意見が出て、とてもいい話し合いになりました。
 今回の定例会を通して、自分たちがどれだけ恵まれているか実感しました。これからの生活を見直していきたいです。


*このページは、JRC高校協議会の高校生役員が書いた記事を掲載しています。
世界の教育環境を知りました!

世界の教育環境を知りました!

夢をかなえるために命がけで通う姿を見て、様々な意見が出ました

夢をかなえるために命がけで通う姿を見て、様々な意見が出ました


ご不明な点は、日本赤十字社 静岡県支部までお尋ね下さい。