お知らせ一覧

日本赤十字社静岡県支部お知らせ>新たに10人の赤十字幼児安全法指導員が誕生

お知らせ

お知らせ一覧

新たに10人の赤十字幼児安全法指導員が誕生

平成29年1月26日

 静岡県支部は、平成28年5月から赤十字幼児安全法指導員養成講習を開催しました。この養成講習は、赤十字の理念と使命を理解し、十分な知識と技術を持った指導力のある指導員を養成するもので、12月22日に新たに10人の指導員が誕生しました。

 幼稚園教諭や保育士、公務員、看護師など多様な職種の指導員の皆さんは、今後、講習の指導を行い、講習普及事業を推進します。
 指導員からは「幼児安全法の知識と技術を必要としている受講者の皆さまに楽しく学んでいただき、受講して良かったと思っていただける講習ができるようがんばります」と話がありました。

 幼児安全法講習では、子どもに起こりやすい事故の予防とその手当、かかりやすい病気の対処、子どもへの心肺蘇生とAEDの使い方を学ぶことができます。当支部では「幼児安全法支援員養成講習」「短期講習」「資格継続研修」を開催していますので、ぜひ、受講してください。
新しく誕生した10人の指導員

新しく誕生した10人の指導員

養成講習で指導員に必要な知識と技術を学びます

養成講習で指導員に必要な知識と技術を学びます


ご不明な点は、日本赤十字社 静岡県支部までお尋ね下さい。